コンタクトレンズと眼
コンタクトと涙の関係
コンタクトとアレルギー
コンタクトと涙の関係

涙の役割の一つとして、目にキズが入らないように、涙によって保護するということです。 コンタクトレンズは、目の上に直接のっているわけではなく涙の上にレンズが浮いているような状態です。 瞬きのたびに、涙が目の表面を潤してくれるのですが、コ ンタクトレンズを入れると涙の流れを妨げることになります。 できるだけ涙の流れをスムーズにするようにコンタクトを、あわせることも必要です。
涙が少ない場合は、人工涙液点眼薬を使いながら、コンタクトを使用しなければなりません。

酸素を目に運んでくれる涙

角膜は、常に酸素を欲しがっています。コンタクトレンズで 角膜にふたをすると、酸欠になることは想像できますよね。 そこで、酸素透過性のハードレンズとソフトレンズは、空気 中の酸素を通す素材で作ることによって、角膜への負担を軽減しているのです。その他に、涙の中に含まれる酸素によって呼吸しています。涙の流れがよくないとと酸素の供給も低下します。

コンタクトレンズは、角膜の上をスムーズに動くことによって快適に使用できます。
ハードレンズの場合
角膜よりもレンズのサイズが小さいため、レンズが動くときにレンズの端で反射した光が見えるので、最初は気になるかもしれませんが、レンズがきれいに動いている証拠なので問題ありません
ソフトレンズの場合
角膜よりもレンズサイズが大きいので、ハードレンズのようにレンズの動きは気になりません。しかしハードレンズに比べて角膜が酸素不足になります。レンズの動きも小さくレンズのカーブが目に合っていないと、目に張り付いたり、充血が激しくなったりするので、ハードレンズ以上に注意しながら使用する必要があります。
特にソフトレンズは、装用時間を短くするよう心がけましょう

Copyright(C) 2004 ocular-dr.com All rights reserved