眼の病気について
白内障
緑内障
網膜疾患
 ├ 網膜剥離
 ├ 黄斑円孔
 ├加齢性黄斑変性症
 ├網膜静脈閉塞症
 └糖尿病網膜症
アレルギー性結膜炎
ドライアイ
翼状片
斜視
流涙症(涙道内視鏡検査)
眼の病気
アレルギー性結膜炎
(発症の過程)  
花粉症によるアレルギー性結膜炎の起きる過程を追ってみましょう。
 1. 花粉を危険なものと体が記憶する(アレルゲンの感作)
 2. 花粉が飛び出す(アレルゲンの飛散)
 3. 花粉が眼に入る(アレルゲンとの接触)
 4. 花粉が眼に入ったと体が認識する(アレルゲンの認識)
 5. 炎症を起こして花粉を排除しようとする体制が整えられる(抗体産生)
 6. 炎症をおこす物質が産生される(炎症起因物質の産生)
 7. 炎症をおこす物質が放出される(炎症起因物質の放出)
 8. 炎症がおこり、充血、かゆみ等のアレルギー症状が出現する  
以上の過程を経て花粉症によるアレルギー性結膜炎がおこり、1〜8のそれぞれの過程をブロックすることがアレルギー発症の予防、治療につながります。




Copyright(C) 2004 ocular-dr.com All rights reserved