眼の病気について
白内障
緑内障
網膜疾患
 ├ 網膜剥離
 ├ 黄斑円孔
 ├加齢性黄斑変性症
 ├網膜静脈閉塞症
 └糖尿病網膜症
アレルギー性結膜炎
ドライアイ
翼状片
斜視
流涙症(涙道内視鏡検査)
眼の病気
加齢性黄斑変性症
[検査]
まずフルオレセインという造影剤を腕の静脈から注射しながら眼底写真を撮影します。これを蛍光眼底撮影といいます。
さらに新生血管の位置や広がりを知るために、インドシアニングリーンというお薬を使って眼底撮影をします。これは治療方針を決める上で大切な検査です。しかし専門の病院でしかインドシアニングリーン蛍光眼底撮影はできません。
加齢黄斑変性とよく似た疾患
・ポリープ状脈絡膜血管症
 加齢黄斑変性と同様に脈絡膜血管に由来する枝状の異常血管網と、その先端の拡張したポリープ状病変がみられます。滲出型加齢黄斑変性に比べれば発達速度が遅く、比較的長期間視力が保たれます。
・網膜内血管腫状増殖
 加齢黄斑変性とは異なり、網膜血管由来に由来する新生血管によって加齢黄斑変性と同様の症状がおこります。白人に多く、日本人では少ないですが、視力は悪くなります。

Copyright(C) 2003 ocular-dr.com All rights reserved