眼の病気について
白内障
緑内障
網膜疾患
 ├ 網膜剥離
 ├ 黄斑円孔
 ├加齢性黄斑変性症
 ├網膜静脈閉塞症
 └糖尿病網膜症
アレルギー性結膜炎
ドライアイ
翼状片
斜視
流涙症(涙道内視鏡検査)
眼の病気
斜視
こどもさんを見ていて、どこを見ているかわからないとか、焦点があっていないようだとかと思ったことはありませんか?普通、ものを見るときには両方の目は見ようとするものに向いています。しかし、片方の目は見ようとする目標に向いていますが、もう片方のめは違う方向を向いてしまうことがあります。この状態を斜視といいます。こどもの頃から斜視があると、斜視の目の視力がでにくくなったり、両目をうまくつかうことができなくなったりすることがあります。こどもによくみられる斜視にはどのようなものがあるのでしょうか。

<内斜視>      片方の目が内にずれている
1.乳児内斜視
生まれてから1歳くらいまでに発症する内斜視です。この斜視は、内に寄っている角度が大きく、目が外に向きにくくなるのが特徴です。 この斜視で問題になるのは弱視です。

 内斜視の人は、右目が内斜視になっているときと、左目が内斜視になっていることあります。もし、右目ばかりが内に寄っているとどうなるでしょうか?内に寄っている右目は、目を開けていなくても使っていない状態になってしまうので、視力の発達がされずに、ピントを合わせるためにレンズを入れても視力が十分にでなくなってしまいます。これを弱視といいます。
 では、弱視を防ぐにはどのようにしたらよいのでしょうか。
弱視を防ぐためには、右目が寄っている時間と左目が寄っている時間を同じくらいにすることが必要です。何もしなくても交代に内側に寄せることのできる人もいますが、それができない時には、まっすぐに向いているほうの目にアイパッチをはって、内に寄っている方の目を強制的に使わせるようにします。
内に寄っている角度に対しては、手術が必要になります。
2.調節性内斜視
 2歳前後でおこってこる内斜視です。遠視があると、何か見ようとする時に、ピント合わせの力(調節力)がはたらきます。調節力がはたらくと、それと同時に目を内に寄せる力 がはたらきます。そのために、ものを見たときに片目が内側にグッと寄ってしまいます。 このタイプの斜視は、眼鏡をかけることが治療になります。まず、遠視の度数がどれくら いあるかを、調節力をとるはたらきをする目薬をさして検査します。その結果をもとに、遠 視を矯正する眼鏡をかけます。遠視の度数を矯正すると、調節力を使う必要がなくなり、 目も内に寄らなくなります。

3.偽斜視
注意:これは斜視ではありません!
あかちゃんは鼻が低く、鼻の根元が発達していないために、内側の白目が隠れて見えないことがあります。見た目は内斜視のようにみえますが、本当は内には寄っていません。これを偽斜視といいます。偽斜視は鼻が高くなってくると内側の白目が見えるようになり、内斜視のように見えなくなります。
<外斜視>    片方の目が外にずれている
4.間歇性外斜視     
 両目ともまっすぐに向いていて、視線がそろっているときと、片目が外にずれているときとがある斜視です。寝起きや、ぼんやりしているときに、特に目が外にずれやすく、外に出たときにとてもまぶしがり、片目をつむることがよくあります。

 この斜視は視線がまっすぐに向いているときがあるので、弱視になることはほとんどありません。外にずれている角度が大きかったり、外にずれている時間が長くなったりすると、目の位置をまっすぐにするために手術が必要になります。角度が小さい場合は、自分の力で目をまっすぐに向けることができるようにするために、訓練をすることもあります。
Copyright(C) 2004 ocular-dr.com All rights reserved