眼科検査豆知識

眼の検査
視力検査
(1) 視力検査
視力検査は眼科診療の基本中の基本というべき検査です。 眼科で一般に視力といえば遠見視力で、最も重要になるのが遠見矯正視力です。
A.中心視力と中心外視力
中心視力とは網膜の中心(中心窩)で見たときの視力で、この部位以外で見たときの視力を中心外視力といいます。中心視力に比べ、中心外視力は極端に悪くなります。
B.遠見視力と近見視力
遠見視力とは5mの距離から測定した視力で、近見視力は30cmの距離で測定した視力です
C.裸眼視力と矯正視力
何も矯正していない(眼鏡、コンタクトレンズ等をしていない)ときの視力を裸眼視力といい、眼鏡レンズ等で矯正したときの視力を矯正視力といいます。通常、眼科で「視力」といえば、この矯正視力のことをいいます。

眼科で視力検査を行うときに英語の[C]のような形の視標で行います。このマークはランドルト環といい、世界共通の視力検査用の記号です。隙間が開いているところが上・下・右・左と開いています(斜めもある)。その開いている部分が見えるかどうかで視力を判定します。視力はランドルト環の切れ目が見えるかどうかなので、眼科で行う視力検査は最小分離閾を測定していることになります。最小分離閾とは、二つの点または線が見分けられる閾値です。よく視力検査をしているときに「Cのマークがぼやけて見えていてもいいんですか?」と聞かれますが、最小分離閾を測定しているので、ぼやけていても切れ目がわかれば見えていることになります。

5m離れた位置から直径が7.5mm、切れ目が直径の1/5、つまり1.5mmの環の切れ目が見えたら視力1.0としています。5mに対しての1.5mmの幅がつくる角度(視角)がちょうど1分(1度の1/60の角度)となっています。
                 視力=1/視角(分)
視力検査で1番上のランドルト環(視力でいうと0.1のところの環)の切れ目の向きがわからないときは距離を変えて測定します。4mの距離で切れ目が判別できれば視力は0.08、3mのところで判別できれば0.06という視力になります。50cmの距離で視力0.1のランドルト環の切れ目がわからない場合は視力0.01未満ということになり、さらに指の本数を確認することができる距離で表す指数弁、目の前で手のひらを動かしてその動きがわかれば手動弁、ペンライト等で光を照らして明暗が区別できれば光覚弁といい、明暗もわからない状態は医学的に盲とされます。

(2)正常視力
正常視力は1.0です。学校検診のときに視力が1.0以上ないと眼科を受診するようにいわれたと思います。、1909年の第11回国際眼科学会で、ランドルト環を使って視力検査をすることが定められ、ランドルト環の切れ目1.0分(1.5mm)がわかる視力を1.0としました。それ以来、視力1.0が正常と考えられるようになりました。

(3)物を正しく見るということは
A.本来透明であるところ(角膜、水晶体、硝子体)に異常がなく光が目の中によく入ること
B.網膜に異常がなく、ピントが合っていること
C.視覚伝道路(網膜→視神経→視交叉→視索→外側膝状体→視放線→後頭葉)の神経経路に異常がないこと
D.脳が正しく判断できること   
以上4つが大切になってきます。遠見矯正視力が悪いということはA〜Dの中でどこかに異常があるということになります。視力検査は眼科診療の中でまず最初に行われ、「見る」ということに異常がないかどうかを検出します。そして視力検査で異常が検出されると、今度はどこにどのような病気があるかをいろんな方法で検査することになります。

(4)視力の発達
新生児の視覚系は大人と同じではありません。生まれたばかりの赤ちゃんは、明るいか暗いかぐらいしかわかりません。毎日正常な視的環境の中で育てられれば、物を見ることによって視力は発達していきます。視機能は生直後より、1年の間に急速に発達します。生後2〜3週で見つめる動作が現れます。これは、特別なものを選択して見ているのではなく、目的のないものです。1ヶ月くらいで物の形が、3〜5ヶ月頃は意識的に物を見つめることができるようになります。視力は3ヶ月で0.1、6ヶ月で0.2、3歳のおわり頃には1.0に達します。このように視力は生後より徐々に発達していきます。

正常に発達するためには、視覚の発達期間(視覚の感受性期)に
A.瞳孔が隠れないようにまぶたが開いていて  
B.本来透明であるところ(角膜、水晶体、硝子体)に異常がなく、光がよく入り  
C.網膜にピントがよく合っていて(おおきな屈折異常 遠視・近視・乱視 がないこと)  
D.斜視がないこと
が重要になります。このA〜Dのどれか、もしくは複数に異常があると、物を見る訓 練ができなくなります。この場合、視力の発達は抑えられ、止まってしまいます。こ れを「弱視」といいます。

ご自身またはお子様などの視力が気になる方は、ぜひ1度視力検査を受けてみてはいかがでしょうか?
Copyright(C) 2004 ocular-dr.com All rights reserved